離れた圃場でもつながる
低消費電力のワイヤレス通信で、親機と子機の間は見通し500mまで通信可能。壁、建物、ビニールハウスなどの障害物で電波が弱い場合や、通信距離を延ばしたい場合は、中継機を導入することで通信エリアを広げることができます。

※子機及び中継機は、自動的に近くの親機・中継機を探索して、より通信条件の良い機器に接続します。
親機1台で多点観測ができる
親機に接続できる子機の数は最大40台。必要に応じて多数の子機を接続することができます。
セットアップ済みで、設置後すぐに使える
製品は全てセットアップ済みの状態で出荷されるので、機器を設置後すぐにシステムの利用を開始することができます。
あとから子機・中継機を自由に追加できる
設置したあとから圃場の拡張などで観測点数を増やしたくなった場合でも、既存の設備はそのままに、ご自身で簡単に親機・子機・中継機を追加登録いただけます。
さまざまな測定項目に対応
センサーを接続する子機は自社開発品のため柔軟なカスタマイズが可能。これまでにさまざまな圃場・作型に必要なセンサーに対応してきました。
対応センサー一覧
センサーに関するご要望がございましたらこちらよりお問い合わせください。
防水設計
農作業に欠かせない水を扱う作業も機器の事を気にせず行うことが出来ます。(一部機種を除く)