|
マニュアル

CSVファイルについて

CSVファイルの1行目にはデータ名が略称で記載されています。
略称とデータの関係は以下の通りです。

略称データ単位(カッコ内はセンサー生データの単位)
mac_addrMACアドレス-
epoch計測時間(UNIX時間)
datetime計測日時-
tmp*温度℃(0.01℃)
hum*湿度%RH(0.01%RH)
ill照度lx
vol電圧mV
lqi電界強度-
CO2CO2濃度ppm
hsa飽差g/m3(0.01g/m3
ctpCPU温度℃(0.01℃)
wtp水温℃(0.01℃)
ins0日射量W/m2(0.1W/m2
ins1外日射量W/m2(0.1W/m2
gs3w土壌水分(GS3)-[比誘電率](0.001)
sote土壌温度℃(0.01℃)
soec土壌ECmS/cm(0.001mS/cm)
G3DE土壌水分(GS3)-[比誘電率](0.001)
G3TEM土壌温度(GS3)℃(0.01℃)
G3EC土壌EC(GS3)mS/cm(0.001mS/cm)
wph0pH-(0.001)
wec0ECmS/cm(0.001mS/cm)
wd3w土壌水分(WD-3)%[VWC](0.1%)
wd3t土壌温度(WD-3)℃(0.01℃)
wd3e土壌EC(WD-3)mS/cm(0.001mS/cm)
T5DE土壌水分(5TE)-[比誘電率](0.001)
T5TEM土壌温度(5TE)℃(0.01℃)
T5EC土壌EC(5TE)mS/cm(0.001mS/cm)
MJPHpH(MJ1011)-(0.001)
MJECEC(MJ1011)mS/cm(0.001mS/cm)
MJTE温度(MJ1011)℃(0.01℃)
INS*日射量W/m2(0.1W/m2
S15WS風速m/s(0.01m/s)
S15WD風向°[度]
S15RA降水量mm(0.1mm)
DLWS葉濡れセンサーmV

* 一つの子機に複数のセンサーを繋げた場合、略称の後ろに「_1」「_2」・・・が付きます。

UNIX時間とは

「UNIX時間」は1970年1月1日 0:00:00からの経過秒のことを指します。

フォーマット

CSVファイルの各項目は選択した粒度によってフォーマットが変わり、[tmp_max][tmp_ave][tmp_min]のようにセンサー略称の後に特定の文字が付きます。

[10分平均][1時間平均]の場合

_max10分または1時間に測定された中で最大の値
_ave10分または1時間の測定値の平均(降水量の場合は合計値)
_min10分または1時間に測定された中で最小の値

[1日平均]の場合

_max1日の最大の測定値
_ave1日の測定値の平均(降水量の場合は合計値)
_min1日の最小の測定値
_loss測定値が欠損している区間の合計(分)*

* 子機の測定周期が10分以上に設定されている場合、_lossの値は実際に欠損した時間より大幅に増えます。

ERROR.TXTというファイルができる

子機または親機の型番を設定していない状態でCSVリクエストを行うと、○○○.csv.ERROR.TXTというファイルが生成されます。
型番からどのセンサーを持っているか判断してCSVを生成しますので、[機器設定]から子機または親機の型番を設定し、再度CSVリクエストを行ってください。