|

特徴

1.リアルタイム表示

リアルタイム※1の測定値を確認することができます。温度・湿度・照度・CO2濃度などの測定値の表示に加え、積算温度・飽差などの表示にも対応しています。登録されている子機が複数ある場合は全子機の平均値と、全子機中の最高値・最低値を表示します。また自動更新機能を備え、ページの再読み込み無しで常に最新データを表示させることが可能です。

画像:WEBサービス-現在値
2.測定データをグラフで確認

温度・湿度・照度・CO2濃度などのデータ推移をグラフで確認することができます。1週間中の推移から1時間中の推移まで、自由に尺度を変えてグラフを参照することが可能です。

画像:WEBサービス-グラフ
3.過去のデータを参照

過去5年間のデータを参照することが可能です。

データはサーバー上に保管され、日付を指定することですぐに確認することができます。

過去の測定データをダウンロードし、表計算ソフトなどで読み込むこともできます。

4.異常値の警告機能

異常値を検出したら設定したメールアドレスに警告メールを自動送信することが可能です。

自宅にいるときや外出中でも、すぐに異常に気付くことができます。

温度や湿度など測定値毎にしきい値を設定することができます。

5.現場の様子を写真で確認

市販のウェブカメラ※2を親機に接続するだけで、自動的に定点撮影を開始。ウェブ上で常に最新の画像を確認することができます。

スタンダードプランでは画像がオンラインストレージに保存されるので、過去の画像を閲覧することができます。

画像:WEBサービス-ウェブカメラ

※1 測定から表示まで約3分のタイムラグがあります

※2 弊社推奨のウェブカメラをご使用ください。ウェブカメラ推奨品

製品の特徴

1.温度・湿度・照度を測定

1台の子機で温度・湿度・照度を測定可能。

複数の子機を設置することで多点観測にも対応(1台の親機に対し子機は40台まで接続可能)

CO2濃度を測定できるモデルもあります。

画像:子機・センサー
2.ワイヤレス接続

子機と親機は2.4GHz帯の電波でワイヤレス接続。見通し最大500mまで通信可能。

子機は一定の間隔で測定を行い、親機へ測定データを送信します。

図:ワイヤレス接続
3.データはサーバーへ

子機から送信された観測データは親機を通してインターネットサーバーへアップロードされます。

サーバー上のデータはPC・スマートフォン・タブレットのウェブブラウザから閲覧可能なので、いつでもどこでもかんたんに観測データを確認することができます。

図:インターネットサーバー
4.かんたん設置

子機は防水※1・軽量・ワイヤレス通信・乾電池動作※2だからどこへでもかんたん設置。

また、セットアップが済んだ状態で出荷されるから、設置後すぐに稼働させることができます。

あとから子機や親機を追加することも可能です。

設置サービス(有償)もあります。

※1 防水仕様はSLAW-WP01のみ

※2 乾電池動作はSLAW-WP01、SLAW-WPL01のみ

設置方法(子機)

イラスト:子機設置方法

設置方法(親機)

イラスト:親機設置方法

※3G回線でインターネットに接続する3Gモデムを利用すれば、電源を確保するだけで親機が使用できます。詳しくはお問い合わせください。